金融サービストラブル

携帯電話

金融サービスに関するトラブルに巻き込まれてしまう利用者がいるようです。こわいですね、注意しましょう。例えば、貸金業法の改正などの混乱を利用して金融サービス利用者からお金をだまし取る、いわゆる振り込め詐欺の被害なども報告されているようです。金融庁のサイトによると『ダイレクトメールで融資勧誘をしてきた業者に借入れを申し込んだところ、「金融庁から貸付停止命令が出されており解除手数料が必要」と言われ、借入前にお金を振り込んだが融資が実行されない』という相談事例を紹介し、融資実行前にお金の振込みを要求してくる場合は振り込め詐欺である可能性が高いので注意するように、とのことでした。
金融トラブルは「金融サービス利用者相談室」というところでも相談を受け付けています。金融庁によると、このサービスに寄せられた相談数は平成23年10月1日から12月31日までの期間で10,143件だそうです。1日当たりの受付平均件数は174件で、電話による質問や相談が最も多いようですね。一人で悩むよりは専門の相談員さんに相談してみた方が良いですよね。寄せられた質問や相談などは今後の金融サービスの検査や監督上の参考として活用されるそうです。もしも金融トラブルに巻き込まれたりした時は、今後さらに被害者を増やさない為にも情報提供するようにして下さい。
特定調停の基礎ならhttp://www.entresesmains-lefilm.com/

Comments are closed.