任意整理でブラックリスト

ブラックリストに載る理由として、いままで「自己破産」や「過払い請求」を挙げてきました。実はこれらは総称して「債務整理」と呼ばれます。つまり、借金=債務 を整理して返済しやすくする、あるいは返済の義務を放棄する、ということです。もちろん、勝手に放棄するわけではなくて正当な手続きをとって「わたしにはもう返済能力がありません、ごめんなさい」と頭を下げるのに似てますね。
債務整理をするとブラックリストに載るわけですが、債務整理の方法として自己破産と過払い請求のほかに任意整理というのがあります。
任意整理とはどういうものでしょうか。
任意整理というのは、簡単にいうとお金を貸してくれた金融機関に裁判所を通さず私的に「借金の返済が難しくなってきたんだけどどうしよう」と相談して、金融機関が「じゃあオマケしてあげるから、ちゃんと返してね」と、その借金に関して新たなルールを設けてくれるので、その新ルールに従ってきちんと返済する、ということです。それでも、古いルールを破ったのは事実なのでブラックリストには乗ってしまうのですが・・・
たとえば古い決まりごとでは「利息は10%、毎月10万円の返済をすること」となっていたけども、返済が難しくなってきたので相談した。すると「利息は5%にしてあげるし、毎月8万円でいい」と言う風に、妥協案を出してもらうというかんじです。
しかし、実際にはこんなに簡単ではありません。弁護士や司法書士に依頼して手数料を支払い、きちんと書面で相手方に請求する必要があります。

Comments are closed.