過払い請求でブラックリスト

前回からの続きです。

他に法律で借金返済の義務を免れた結果ブラックリストに載る・・・というやり方で、過払い請求をした場合、というのがあります。しかしこれは自己破産とは少しちがってきます。
過払い請求というのは「これまで返してきた借金のうち、返しすぎた分を戻してください」という請求のことです。返しすぎたってどういうこと??ってなりますよね。これは、法律の穴に注目したやり方で、一部のキャッシング業者で規定されている利息が、ある法律によると高すぎる、ということで返しすぎた利息を戻してくれ、という要求ができるのです。
しかし、これも「お金を貸す人が決めたルールを破った」ことには代わりがないので、やっぱりブラックリストに載ってしまいます。いくら弁護士や司法書士が間に入って、裁判所を通してやるれっきとした法律遵守のやり方でも、そうなのです。

一度借金をしてしまったら、きちんと返済しなければブラックリストから逃れる手はないのか・・・と嘆いているあなた。はい、その通りです。借金というのはそういうものなのです。
ブラックリストに載りたくなければ、返せない借金はしない、その一言につきます。まったく借金をしない、ということが可能なら、それが一番ですね。もしも少しでも借金が返せなくなるような見込みがあれば、すぐにその借金をした金融機関に相談してみることです。なんらかの解決方法が見つかるかもしれません。返済を猶予してもらう、とか。

Comments are closed.