自己破産でブラックリスト

いくつか前の記事に、ブラックリストに載る条件は「借金をした人が『もう返せないから』という宣言をして法律によって返済をしなくてよいと定められた場合」ということを書きました。
借金を返さなくていいのにブラックリストに載るの?というか、その宣言ってどういうこと?という疑問があるでしょう。今日からしばらく、法律による借金返済の義務放棄について話したいと思います。

あまりに借金が多くなってしまい、その人に返済の能力が完全になくなったと判断されると、法律ではその人の人生を保護するために「借金をなくしてやろう」とか「減らしてやろう」という措置をしてくれます。しかし、それはあくまでオマケなので、もちろんその人は「今後しばらくは借金をしないよう」と言いつけられます。なのでブラックリストにそのことが記載されてしまうわけですね。
では借金を返さなくてよい、とどうやって判断されるのでしょうか。有名なのはやはり自己破産ですね。みなさんも聞いたことがあると思います。
借金で首が回らなくなった人が弁護士や司法書士に相談して自己破産をし、ブラックリストに載るのを覚悟で借金を帳消しにしてもらうのです。
しかし、自己破産は「ギャンブルや、遊ぶための借金」をした人はできません。事業が失敗したとか、どうしようもない理由があるときだけ自己破産をすることができます。ただし、ブラックリストには乗ってしまうのでもちろんおすすめはしません。

Comments are closed.